フルトーン ワウワウ・ペダル
クライドマッコイは60年代ビッグバンドのトランペット奏者で、ミュージシャンとしての名声はさておき
彼のワウワウミュート奏法は有名でした。VOXのペダル開発のきっかけは彼の奏法から来ているというのは
有名な話です。そしてヘンドリックスやクラプトンはVOXの"Clyde McCoy"モデルを使用していました。
"エレクトリック・レディランド"録音時のジミの写真資料にはペダル底面にクライドマッコイのサインが
書かれたシグネチャーモデルが見られます。シグネチャーモデルの心臓部"halo"インダクターは
素晴しいサウンドを持ち、フルトーンのクライドモデル開発の基となりました。
さらにマイクフラーは25台以上におよぶヴィンテージVOXワウコレクションの中から最高の一台をチョイスし
、それをあらゆる角度から分析した結果、インダクターにおける個体差を問題視しました。
その個体差は最大30%にも及び、悪いものだと500mhであるべき数値が360mhで計測されたのです。
フルトーンの製作したインダクターはコアをチューンした手作りの物で、黄金期の60年代VOXと同タイプの
ワイヤーと許容電流を備えています。その製造には高いコストを要しますが、素晴しいサウンドが得られます。
フルトーンのインダクターは殆どのワウペダルに交換可能ですので、是非交換して違いを確認してみてください。)
またサーキットボードにはカーボン抵抗を使用し、キャパシターはヴィンテージサウンドを醸し出すマイラーtracon、
さらにゲインと低音の特性を変更可能なレゾナンスコントロールを内蔵しました。
レゾナンスコントロールは唯一オリジナル60年代VOXから変えたFulltone独自のオプションで、底面パネルを開けるだけで
手軽に調整できます。ポテンショメーターは回路中最も見落とされやすいパーツですが、良いワウサウンドのキーポイントは
ココにあります。ですが、60年代"アイカー"のように多くのメジャーなハンドメイドワウに使用されてきた
テーパードポットは現存しません。70年代~90年代のワウサウンドが醜いのはそのためです。
私たちが開発したフルレンジポットはダブルスクリーンされたカーボンで構成され、旋回寿命は量産品の1.5万回に対し
15万回という大きな差を生み出しています。(これも貴方のワウに交換装着可能です。) VOXタイプのケースはどこもが
使用していますが、ポットレンジと導性が不充分でした。そのためトーンカーブに制限が生じ、緊張感やフィーリングが
犠牲なります。フルトーンの"クライド"は、独自のカスタムメイド溶接スチールケースを使用し、
今までのケースでは得られなかった導電性を約束します。また、可動軸に独自の"NYLOKナット"を備え、
ペダルの硬さを調整可能としました。 他のフルトーン同様クライドワウにもトゥルー・バイパススイッチは使用されており、
エフェクトオフ時には完全に回路がバイパスされ、直のサウンドがキープできます。LED付きトゥルーパイパスは、
エフェクトオフ時のバイパストーンをロスさせない為の標準装置です。
●CONTROL:ON/OFF SW ・RESONANCE CONTROL (内部トリマー)
■CLYDE Standard-wah愛用者:Gary Moore ,The Rolling Stones ,Oasis ,Joe Satriani ,Jen Turner (Natalie Merchant)

ツマミ、本体カラー等は変更になり画像と異なる場合がございますのであらかじめご了承下さい。
気になる方はお気軽にお問い合わせ下さい。

今月のwith


PAGETOP